ゲストハウス ミンタロハット Guesthouse Mintaro Hut

ミンタロハット日記

2011年3月27日

訂正とお詫び

当ブログ、ミンタロハット日記、3月18日付「3月なかばを過ぎたというのに」の中に、重大な誤りがありました。

>そのどの宿も衛星写真を見るかぎり、津波にさらわれて土台しか残っていません

と書いておりましたが、通りすがりさんという方からご指摘を受け、確認したところ、
石巻の「FUTABA INN」さんは、無事建物が残っていました。

私の早計な見まちがいから、FUTABA INNの関係の皆様に、多大なご心痛とご迷惑をおかけしたことを、ここに訂正して、お詫び申し上げます。
(3月18日の本文も訂正させていただきました。)

通りすがりさんのブログによると、FUTABA INNさんオーナーのご家族、みなさん避難されて無事でいるということです。また、建物は津波の被害は受けたものの、1階部分のみが浸水したということでした。

石巻の一日も早い復興と、あの夢のような素敵な宿、FUTABA INNの営業再開を、心よりお祈りしています。

◇◇◇

また、その後、大谷海岸の「ペンション ヴィラ・プチろく」のオーナーご家族も、無事であることが確認されています。

このブログに関して、もし誤った記載がございましたら、どうぞお教えいただければ幸いです。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

タグ: — 投稿 by みんたろ @ 5:02 PM

にほんブログ村の東北旅行ペンション・民宿に参加しています。

2011年3月19日

一週間が経ちました

地震発生から一週間が経ちました。

ミンタロの2階、客室「テ・アナウ」から見える瀧山(りゅうざん)です。

夕映えの瀧山(りゅうざん)

今日は朝から天気がよく、瀧山も、美しい夕映えでした。

◇◇

たまたま東京に出かけている間に地震がおきて、
明日、ようやく初めて自宅へ戻るという宮城県石巻市お客様が、
新潟経由でやってきました。

でも、もうお家は津波にのまれて、なくなっているそうです。
自宅にいた家族とは、いまだに連絡がとれていないそうです・・・

なんと声をおかけしたらいいのか、わかりませんでした。

◇◇

明日もいいお天気がつづくようです。
はやく温かくなってほしいです。

タグ: — 投稿 by みんたろ @ 12:52 AM

にほんブログ村の東北旅行ペンション・民宿に参加しています。

2011年3月18日

がんばります

山形は大震災の大きな被害を免れました。

ミンタロハットでは、本棚の本が10冊くらい崩れ落ちて、
テレビの上の目覚まし時計が床に落ちたくらいで‥‥

実際、隣の宮城、福島、岩手などの惨状に比べたら、
なんと平穏なことか。

◇◇◇

ガソリンが足りなくて不自由だったり、
スーパーから食料品が日に日に不足していったりすることくらい、

被災した現地の人に比べたら、申し訳ないくらい、幸せです。

◇◇◇

今、ミンタロハットは、連日、超満室の状態です。

◇◇◇

地震発生当時、たまたま現地に来ていて、動きが取れなくなった人たち。

地震発生当時、たまたま現地を離れていて、自宅に戻る途上の人たち。

長引く避難所暮らしに疲れた人たち。

ガソリン不足で職場から自宅に帰れない帰宅難民。

被災地支援に向かう人たち。

そして、原発事故から逃れて、故郷を離るる人々‥‥

◇◇◇

たった一晩でも、ほっと心和むひとときでありますよう。

一人でも多くの人の力になれますよう。

ミンタロハットは、可能な限り、

がんばります。

タグ: , — 投稿 by みんたろ @ 2:11 AM

にほんブログ村の東北旅行ペンション・民宿に参加しています。

3月なかばを過ぎたというのに

3月の雪

雪が降り止みません。

気温も冬に逆戻りの寒さです。

でも、ミンタロのダイニングは、ペレットストーブが燃えていて‥‥

ダイニング

大震災の避難所で、寒さに震える人たちを、思います。

◇◇◇

宮城県には私の大好きな宿が4軒‥‥

気仙沼の「気仙沼ホテル」
本吉、大谷海岸の「ペンション ヴィラ・プチろく」
石巻の「FUTABA INN]
東松島、野蒜海岸の「ペンション マリンシップ」

どうぞ、どの宿も無事でありますように。
みなさんが、ご無事で避難されていますように。

◇◇◇

雪ダルマ

岐阜から来た学生くんたち2人が、ミンタロの駐車場に、雪ダルマを作ってくれました。

心和むひとときでした。

タグ: , , , — 投稿 by みんたろ @ 1:43 AM

にほんブログ村の東北旅行ペンション・民宿に参加しています。

2011年3月12日

東北地方太平洋沖地震

幸いにもミンタロは無事でした。
ラジオのニュースに耳を傾けながらも、お二人のお客様とともに、ペレットストーブの燃える部屋の中、キャンドルの灯りを囲んで、温かな食事を摂れる幸せをあらためて味わいました。

12日、今朝からは電気も復旧して、ガス、水道共にライフラインも確保されています。ただ、これは山形市内の中心部のみのようです。

テレビとインターネットは、ケーブルテレビが不通のため、まだ見られません。

ラジオからは次々と被災地の恐ろしい現実が流れてきます。気仙沼、石巻、東松島、本吉…
どこも私が訪れたときは、平和で素敵な町でした。おそらく被害に遭っているはずです。みんな無事でいてくれることを祈るばかりです。

深刻な被害を免れた山形でも、ガソリンや食糧を、みんな手に入れるのに苦労しているようです。町の中は、信号機もついていません。

さて、このあと、どうなっていくのかなぁ。わからないけれど、成り行きに従うしかありませんね。

今夜も足止めをくらって東京へ帰れないクレパスくんと、ストックしてある食材で晩ごはんクラブです。

タグ: — 投稿 by みんたろ @ 4:31 PM

にほんブログ村の東北旅行ペンション・民宿に参加しています。